MENU

スマホの疲れ目解消に効果的な方法は?

疲れ目

 

スマホやパソコン、タブレットなどを趣味や仕事でよく使用しています。使用時間としては6〜8時間程の間は何らかの機械画面を見ていると思います。

 

仕事の文章打ち込みや調べものの為にネットサーフィン、娯楽としてアプリゲームをしたり、コミュニケーションツールとしてtwitterやLINEを使用したりしています。

 

その結果ドライアイやかすみ目、目が重たく感じるようになったり、目の奥がジワーっと痛くなったりと疲れ目に悩まされています。目だけで済めばいいのですが、派生して肩こりや頭痛など様々な部分へと影響を及ぼすことも少なくありません。

 

元々太陽の光が強い場所にいた後は目が充血したり、ジンジンと痛くなったりと、目に対する刺激に弱いと感じています。こんな私ですが、疲れ目の解消として行っていることが3点ほどあります。

 

まず始めに行ってみたことはコンタクトをやめたことです。メガネだと目の端がぼやけるという欠点があったこともあり、視界がクリアになるコンタクトを好んでしていましたが、メガネに変えただけで目の疲れ具合が劇的に減りました。

 

コンタクト自体がドライアイの原因になることもあるので、そういう面からも根本的に対策できるのではないかと思います。どうしても必要な際はコンタンクトをしていますが、できる限りメガネを着用するようにしています。

 

加えて瞬きを意識して行うようにしています。さらに、定期的に少し強めにぎゅっと目をつぶり、目の周りのストレッチをすることも欠かせません。疲れ目の原因のひとつとして目の周りの凝りが考えられますので、それを防ぐという意味で行っています。

 

最後に夜のスペシャルケアとしてホットアイマスクをしています。寝る前に温めたアイマスクを5分程度乗せて、じっと目を休めます。そのとき部屋の明かりをなるべく抑え落ち着けるような環境を作っておくのもおすすめです。

 

光も目への刺激になりますので、せっかくアイマスクでリラックスした目を再び刺激にさらすのは勿体ないと思います。また、寝つきをよくすることもできるので一石二鳥です。

 

使い捨てのお手軽なアイマスクもありますし、コスパをよくしたい方はレンジで温めるようなアイマスクも売っていますので、そちらを使用するといいです。ちなみに私はレンジで温めるアイマスクをしようしています。

 

基本的でありきたりな疲れ目解消法ではありますが、私自身効果はきちんと感じられています。疲れとは溜まっていくものですので、その日の疲れはその日のうちにさっぱりと落してしまうことが大切だと考えます。

 

忙しい時期はもちろん毎日やっている余裕は正直ありません。ですが、なるべくであれば次の日はパッチリとした目でさわやかに一日をスタートしたいものです。